ゆるころlife

妊活・子育て。じゆうな暮らし。

引っ越しをしたら住所変更するものリスト

f:id:ppkmm:20190205142945p:plain

引っ越しをすると住所変更をしなければならないものがたくさんあります。

引っ越しに慣れている方ならなんてことないと思うのですが、あまり引っ越しを経験していない私にとってはかなりの手間となりました。

一般的に変更が必要なものをまとめてみました。

役所関係

転入届・転居届

引っ越し先の役所で行います。

印鑑登録

新しく引っ越し先の役所で行う必要があります。

児童手当

引っ越し先の役所で行います。

ライフライン

電気・ガス・水道

電話やネットで変更可能。

NHK受信料

電話やネットで変更可能。

ネット・プロパイダ

戸建てなのでネット開通の工事をしました。工事日の予約が取りづらい時期もあるので開通工事の申し込みは早めに。

プロパイダなどの住所変更のみの手続きは電話やネットから可能。

電話(携帯電話)

電話やネットで変更可能。

金融機関

銀行

各銀行へ行くか、ネットから変更。

クレジットカード

電話やネットから可能。

保険関係

生命保険・自動車保険・学資保険

電話やネットから可能。

車関係

免許証

警察署か引っ越し先の免許センターなどで行います。

郵便物の転居届

旧住所に届いた郵便物を1年間、新住所へ転送してくれるサービスです。

「e転居」でネット上で手続きが可能です。

welcometown.post.japanpost.jp

一度に住所変更するのはとても大変

住民票などの役所関係は夫にまかせたので、自分のもので取り急ぎ変更したのは免許証くらいであとはネットや電話で手続きできるものが多かったので暇を見つけて…という形になりました。

 

ネットショッピングなどもよくするので、ネット上で会員登録をしているものも合わせるとかなり多いです。

思いつくものは大体住所変更しましたが、忘れていたものがこれからいっぱい出てくるのだろうと思います。

 

大体のものはネットから手続き可能ですが、ネット環境が整っていないとそれすらできない場合もあります。

バタバタした中で手続きするのも大変なのであらかじめリストを作成しておくといいかもしれません。