ゆるころlife

妊活~妊娠・子育て。好きなこと、気になること、いろいろ。

ゆるころlife

【0才児】反応のよかった絵本

f:id:ppkmm:20180912111916p:plain

生後6ヵ月頃から絵本の読み聞かせを定期的にしてきました。

その中でも特に反応のよかったものをまとめてみます。

100均(ダイソー)の赤ちゃんえほん

f:id:ppkmm:20180912110610j:plain

1番最初のファーストブックなるものが息子が4ヵ月頃にダイソーで購入したこちら。

赤ちゃんがお腹の中にいるときから読み聞かせをするママもいるようですが、私はそこまでやる気がなく…なんとなく100均で目についたので買ってみよう…と、初めての絵本デビューとなりました。

それからたまに(本当にたまに…)読み聞かせを行ってきたのですが、まもなく1歳になる今でも大好きな絵本のひとつとなりました。

ちなみに4ヵ月より前は「カシャカシャ絵本」を読んでいました。「カシャカシャ絵本」は絵本というより「おもちゃ」という感じでした。

 

私が購入した店舗では「わんわん にゃんにゃん」「ぶうぶう じどうしゃ」「ばいばい またね」の1・2・3と3種類ありました。

絵本は大きすぎず厚みもしっかりあり、赤ちゃんでも持ちやすくめくりやすいです。

読み聞かせをする大人の目線でいうとリズムをつけて読みやすいのです。そのリズムに合わせて出る言葉が赤ちゃん的にはとっても面白いようです。

絵本の色もカラフルで見やすいので、読み聞かせをしなくてもひとりでペラペラめくって遊んでくれています。

 

なんといっても100円で買えてしまうところが魅力的。毎日読んでいるので十分元はとれています。笑ながら読んでいるところを見るとそれ以上の価値があった買い物でした。

だるまさんがシリーズ

絵本といえばコレという定番のだるまさんがシリーズですね。

購入するまではどうして人気なんだろうと思っていましたが、購入してみて人気な理由がわかりました。

読みやすいんですよね。子供は「だ・る・ま・さ・ん・が…」の後に続く言葉が面白いようで笑って読んでいます。

飽きずに長く読める絵本だと思います。

ピヨちゃんシリーズ

触って遊ぶタイプの絵本です。

指先を使って「しかけ」をめくったり、感触を楽しむことができます。

小さめの本で赤ちゃんが一人でもめくりやすく、ところどころにある「しかけ」が楽しいようで集中して一人で遊んでくれます。

くっついた

シンプルな言葉で絵もカラフルなので好きなようです。

大人も緩急をつけて読みやすいです。

まとめ

反応のよかった本を何冊かまとめてみました。

読み聞かせをしているときはやはりオノマトペのような楽しい言葉が続く絵本が好きなようです。一人遊びで絵本を見ているときはめくりやすい本だったり、触って感触を楽しむ絵本を集中して見ています。

おもちゃ同様、絵本もあまり買わないつもりでいましたが、気づくといつの間にか増えてしまっています。

図書館で借りて反応を見てから購入するなど、厳選しながら読み聞かせをしていきたいです。

www.yurukorolife.com