ゆるころlife

妊活~妊娠・子育て。好きなこと、気になること、いろいろ。

「抱っこ」じゃなくても寝てくれるようになりました!

f:id:ppkmm:20180404165126p:plain
 今まで「抱っこ+ゆらゆら」でないと寝てくれなかった我が子。

5ヵ月になった途端に「抱っこ」なしで寝てくれるようになりました!

「抱っこ+ゆらゆら」の寝かしつけはキツい!

以前[ネントレは必要なのか?]の記事で書いていた我が家の寝かしつけ「抱っこ+ゆらゆら」は抱っこしながら赤ちゃんの体をトントンしつつ部屋の中を歩いたり、ゆらゆら揺れるのを寝るまで続ける方法でした。

www.yurukorolife.com

月齢が上がるとともに体重も増えるわけですから抱っこする私はもちろんツラいのです。手首は腱鞘炎、肩も炎症をおこしているであろう痛さの日も続きました。

いくら痛くなってもお昼寝2~3回+夜の寝かしつけで一日4回ほどこの寝かしつけをする日々。

 

セルフねんねしてくれることはほぼなし。置いたままで自分で寝てくれる他の赤ちゃんを手がかからない子でうらやましいなぁと思ったこともあります。

完ミなので添い乳はできないし、ミルクを飲みながら寝てくれてもゲップをきちんとさせないと吐き戻しや夜泣きに繋がるので寝落ちはさせずに1回きちんとゲップをさせてから寝せます。そうすると目が覚めてしまうのか、再び寝付けなくなってしまっていました。

 

それでもいずれ一人で寝てくれる日がくるからと「ネントレはしない」方向で考えていました。

本当に一人で寝てくれる日がやってきた!

5ヵ月を迎えた日の夜、突然その日はやってきました。

いつものように暗い部屋に移動して布団に寝かせます。

いつもならここで眠くなったよー!の泣きがはじまります。そのあと泣いたら抱っこ→泣き止んでウトウトしたら布団に置く→また泣いてしまったら抱っこ→以下繰り返し泣かせないネントレもどきをしていたんですが…。

 

しかしこの日は違いました。

眠くなったよー!の泣きもないままウトウト…。「あれ?これはもしやこのまま寝る?」と半信半疑で脇腹付近をトントンしつつ、おでこをなでなでしてみます。

5分くらいするとなんと一人で寝てくれたのです!

 

「今日だけかもしれない」と思いつつ私も就寝。夜泣きが1回あったものの朝までぐっすり寝てくれました。

 

その日を境に今日までずっと「抱っこ」なしの寝かしつけで夜は寝てくれているのです。

 

「抱っこ」なしの寝かしつけがこんなに楽だとはびっくり...^^;

寝かしつけの時に意識してみたこと

1日のスケジュールを安定させるのは基本だと思います。その他で効果があったかはわかりませんが寝かしつけのときにやっていたことです。

おでこ(頭)をなでる

おでこを軽く抑えるように頭部をナデナデしてあげるとウトウトしてくれます。

手を握る

赤ちゃんの手に自分の親指を握らせるような感じにするとこれもまたウトウトしてくれました。

トントン…は1秒に1回!

我が子の場合、体の横「脇腹と太ももの間くらい」のところ1秒につき1回を意識してトントンしていました。早すぎても遅すぎても微妙のよう…。

簡単お雛巻きもどきをしてみる

赤ちゃんの手が動いて寝付けなそうな時は、バスタオルを赤ちゃんの下に敷きお雛巻きのように体をくるっと巻いて軽く手を押さえつけてあげます。そうすると手の動きが押さえられて寝てくれます。

赤ちゃんが寝たらバスタオルを開いて、そのまま下に敷いたまま布団をかけてあげればOKです。

 

どれが効果的だったのかはわかりませんし、もしかしたら成長したことで自然と寝れるようになっただけかもしれません。

ネントレをしなくてもよかった!

簡単に寝てくれる子もいればなかなか寝付けない子もいます。

上手く寝付けなくて泣いていると頭ではわかっていても、あまりに寝てくれなくてずーっと泣かれたり抱っこが続くとこっちも疲れてしまいます。疲れてネットでなんとか寝せる方法を検索した日もありました。

 

それでも「いつかは自然と寝てくれる日がくるんだから…!」と無理にネントレをしなくてよかったなぁと思います。

特に「置いたまま泣かせるネントレ」は本当にしなくてよかった…。

※ネントレについては賛否両論、いろいろな意見があると思います。ここではあくまでも私の意見です。

 

我が子の場合は思ったより早く、抱っこなしで寝てくれる日がやってきました。

夜は「抱っこ」なしで寝てくれていますが昼寝は「抱っこ+ゆらゆら」が必要な日もまだあります。

ですが夜だけでも完全抱っこなしになっただけで随分気持ちに余裕が持てるようになりました。

 

ちなみに寝かしつけは楽になりましたが夜泣きはあります。

www.yurukorolife.com

成長に伴う夜泣きは仕方のないものなのでこちらもほどほどに頑張りたいと思います^^;