ゆるころlife

妊活~妊娠・子育て。好きなこと、気になること、いろいろ。

学生時代の年金を追納した話

f:id:ppkmm:20180404165627p:plain

きっかけは自宅に「国民年金保険料の追納のお知らせ」のハガキが届いたことです。

催告状ではなく、あくまでも追納は任意で追納希望の方は申込みをして支払ってくださいね、という内容のものです。

学生納付特例制度

日本国内に住む人は20歳になった時から年金を納める義務が発生します。しかし、学生については「学生納付特例制度」として申請することで在学中の納付が猶予される制度が設けられています。

そしてこれは、10年以内であれば保険料をさかのぼって納めることができます。

さかのぼって追納することにより、将来貰える年金の額が増えるのです。

年金追納の仕方

ハガキには詳しい納め方の記載はなく「国民年金保険料追納申込書」が必要だからホームページを見てね。という内容でした^^;

そこでちゃんと手続きするべく年金事務所に電話してみることにしました。

 

大まかな手続きの流れとしては以下の通りです。

①日本年金機構のホームページから「申込書」を印刷する

年金を追納するには「国民年金保険料追納申込書」をホームページより印刷し、自分でどの期間分を納めるのか…など記入する必要があります。

記入例があるのでそれをみながら記入すると簡単です。

②申込書を年金事務所に郵送する。

封筒に切手を貼って郵送します。

③5~7日ほどで納付書が届く。

コンビニなどで支払える振込用紙が届くので支払いをしに行きましょう。

※ちなみにコンビニでは一度に30万円までしか払えないのでそれ以上ある場合は小分けにして支払う必要があります。

 

また、追納は原則追納が可能な一番古い保険料の月分から順番に納める必要があります。

 

※ちなみに私も夫もこの制度を利用していたので2人分のハガキが届きました。ですがそれぞれのハガキに記載されていた問合せ先が違ったので一応それぞれの年金事務所に電話をしてみたのですが、各地域で対応の差があるようです^^;

私の記載されていた地域の年金事務所の方はとても丁寧に説明してくれて、年金番号を伝えると追納可能期間や金額を確認後、提出が必要な申込書の書き方を教えてくれて、申込書を自宅まで郵送してくれました。

ですが、夫の方の年金事務所の方は忙しいのか「パソコンありますか?」「あるならホームページで申込書を印刷して今住んでいるところの年金事務所に郵送して下さい」のみの対応でした…^^;う~ん。

手続きは簡単です

簡単に言うと申込書を送る→振込用紙が届く→コンビニに支払に行くという流れです。

わざわざ年金事務所などに行く必要はないので手続きは簡単です!

(ポストに封筒を出しに行く必要はあるかも^^;)

社会保険料控除の対象になる

年末調整か確定申告で申請することで節税になります。

勤め人の人は年末調整時に会社に控除証明書を提出するだけなので簡単です^^

年金の資格期間が25年から10年に変更されました

これまで原則25年支払いが必要だった年金が29年8月より10年に短縮されました。

資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取れるようになります。

それだけ未納者が多いということなのかもしれませんが、過去の猶予分がある方などは確認してみるといいかもしれません。

もらえる金額が少しでも増えたほうがいいに決まってますから^^